MENU

糖尿サプリランキング!

睡眠不足・ストレス・暴飲暴食・運動不足などの普段の生活習慣の乱れが肥満体質を引き起こし、ひどくなれば糖尿病になってしまう大きな原因とされています。特に食事に関しては早食い・大食い・カロリー過多は注意が必要です。

 

食事をすると血糖値が上がりインスリンが分泌されますが、一気に食べたり食べる時間が不規則になるとインスリンの分泌が乱れて膵臓に負担がかかり、血糖値の上昇を抑えることが出来なくなってしまい肥満になる恐れがあります。血糖値の上昇を抑えると言われている野菜や豆類・きのこや海藻などを最初に食べる様にして出来るだけゆっくりとよく噛み、腹八分目で抑えることをこころがけましょう。
糖尿病の予防に「これを食べれば絶対大丈夫!」なんてものはありません。毎日の食事の栄養バランスを考え摂取カロリーを守ることが一番大切なのですが現代の食生活ではそれがなかなか出来ないのが現状です。そこで少しでも血糖値の減少を減らすサポートをしてくれるサプリを上手に使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

金の菊芋の特徴

糖質のものをついつい食べ過ぎてしまうという人も多いですよね。菊芋には水溶性食物繊維のイヌリンがたっぷり含まれています。イヌリンは天然のお掃除屋さんともよばれ、腸内でゲル化することで糖質の吸収を抑えてくれます。おかげで食後の血糖値の急上昇を防ぐことが可能に。また、腸内細菌のエサとして善玉菌を増やしてくれる効果もあるので、腸内環境を整えられるという嬉しいポイントもあります。便秘がちな人、糖質が好きな人におすすめ。熊本県産菊芋100%使用で安心のサプリです。

価格 980円
評価 評価5
備考 菊芋 イヌリン

 

 

アラプラス 糖ダウンの特徴

40歳以上の約20%は普段は通常の血糖値でも食後に上昇した血糖値がなかなか下がらない「隠れ血糖値」だと言われています。これは健康診断や人間ドッグでは見つけにくいので炭水化物が好きな人や運動不足・ストレスを感じている人は特に注意が必要です。年齢とともに減少するうえ、食事で摂るのは難しいアミノ酸ALAを1カプセルに15r配合しており体内に吸収した糖をエネルギーに変えることが出来るのでダイエットにも効果的です。1日一回好きなタイミングで摂取できるところがとても簡単で便利ですね。

価格 2,450円
評価 評価4
備考 アミノ酸ALA配合

 

 

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁の特徴

脂っこい料理や甘いスイーツの食べ過ぎは身体に良くないと分かっていながらも、なかなかやめられないものですよね。カニの殻にも含まれているキトサンが血中のコレステロールの吸収を抑え、しかもいつもよりしっかり活動してくれるのでコレステロールの値が小さくなります。ビタミン・鉄分・葉酸が豊富に含まれた無農薬の大麦若葉を使用した青汁なので血糖値を下げるだけでなく、不足しがちな栄養素も同時に摂取する事が出来ます。しかも抹茶味にすることで無理なく毎日飲めるようになっています。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 青汁

 

糖尿病の初期症状とは?初期段階なら治る可能性がある

 

日本国内には糖尿病患者が約700万人以上居ると言われています。現在も患者数は増え続けており、糖尿病は今では身近な病気の一つとなっており、誰でも発症する可能性があります。

 

病気は何でも初期に治療を受けることで治りも早く、完治率も高くなります。糖尿病もその一つで、初期症状を見逃さないことで治療が受けやすくなります。

 

糖尿病の初期症状

 

糖尿病の初期症状の典型的なものとしてあげられるのが、しきりに多量の排尿があることと、やたらと喉が渇くことです。糖尿病というと肥満の方がかかるイメージがありますが、何もしていないのに体重が落ちてくるのも初期症状の一つです。

 

脱力感や倦怠感、疲労感も糖尿病の初期症状としてあげられます。これらの症状は食後に感じることが多いものです。糖尿病により血糖値のコントロールができなくなるため、血糖値が上がっている食後は特にこれらの症状が出てしまいます。

 

糖尿病の初期症状ははっきりとしたものではないので、つい見落としがちです。しかし、病気を放置しておくと、合併症や病状の深刻化などが出てきます。

 

初期症状が出たらどうするべきか

 

初期症状が出たら、まずは内科へ行きましょう。内科で詳しい症状を伝え、適切な検査を受けることで病気の有無が分かります。もし糖尿病であると診断された場合でも、初期の段階で治療を開始することで完治の可能性が高くなります。糖尿病は不治の病というイメージが一般的でしたが、初期の段階で適切な治療を受けることで治すことができる病気なのです。

 

糖尿病の初期に始めたい食事制限と適度な運動

 

糖尿病は不治の病というイメージが一般的でしたが、糖尿病の初期に症状を自覚し、生活習慣を改善することで、糖尿病は治すことができます。糖尿病の治療に有効的な生活習慣の改善方法は、食事制限と適度な運動の2つが代表的です

 

食事制限

 

糖尿病を発症すると、血糖値をコントロールするインスリンが体内で上手く分泌されず、血糖値が上がったままの状態になってしまいます。特に食事後は血糖値が上がりやすく、糖尿病患者の方は食前や食後にインスリン注射や薬を飲むことで、血糖値のコントロールを行っています。

 

糖尿病の初期段階ではインスリン注射や薬の摂取の必要はなく、食事制限をすることで血糖値の上がり過ぎや下がり過ぎを防ぐことができます。

 

まず、食事は栄養のバランスを第一に考えましょう。糖尿病の食事は特別なものではなく、野菜や穀物、魚や肉など、身近な食品でバランス良く食べ、それをしっかりと続けることが大切です。

 

また、血糖値を安定させるには、食事の時間と量を毎日一定にすると効果的です。食事の時間や量が偏ってしまうと、1回当たりの食事量が増減してしまい、血糖値のコントロールが難しくなってしまいます。

 

適度な運動

 

適度な運動も初期の糖尿病の改善に効果的です。身体を動かすことで血糖値を下げることができ、食事等で上がってしまった血糖値を自然な形で下げることができます。食事制限と並行して行うと更に効果が期待できます。また、適度な運動は血行を促進する効果もあるので、身体の健康維持にも効果的です。

 

糖尿病の改善を助けるサプリ成分

 

糖尿病の治療は血糖値が上がらないように、薬物投与などの治療が行われます。糖尿病は医師の適切な指導に従った治療が必要ですが、薬だけに頼らず自分で治療を手助けすることができます。

 

自分でできる治療の手助けとしてあげられるのが、食事療法や運動療法ですが、手軽で効果的な方法に、サプリメントの摂取があげられます。

 

サプリメントは必要な栄養素を凝縮して作られている健康補助食品です。薬とは違い短期間で劇的な効果はありませんが、継続して摂取することで身体の健康補助に効果が期待できます。今回は、糖尿病の手助けをしてくれるサプリメント成分をご紹介します。

 

サポニン

 

サポニンは血糖値を下げる効果があり、医学的にも証明されています。食後の血糖値が気になる時に摂取することで、血糖値の上がり過ぎを防ぐことができます。サポニンは高麗人参や田七人参などの漢方薬にも多く含まれています。

 

ピニトール

 

ピニトールは植物由来の天然成分で、乾燥地の植物や大豆に多く含まれています。植物性インスリン様物質とも呼ばれており、血糖値の調整効果が期待できます。現在も、その有効性について様々な研究が進められている期待の成分です。

 

植物性ケイ素

 

植物性ケイ素は名前のとおり、植物由来のケイ素です。ケイ素には抗酸化作用や脂肪分解などの健康効果がありますが、糖尿病の原因となる血行不良を改善する効果もあります。植物由来のケイ素なので、身体に優しいのも特徴の一つです。

 

糖尿病は合併症が恐い

 

糖尿病は血糖値のコントロールが上手くできなくなる代謝異常の病気です。血糖値がコントロールできなくなると、身体に様々な影響が出てきます。また、糖尿病で高血圧の状態が長く続くと、合併症で他の病気が発症する可能性が出てきます。

 

糖尿病は合併症が出やすい

 

糖尿病で血糖値のコンロールができなくなると、血糖が流れている血管が傷付きやすくなり、様々な病気の原因となります。糖尿病には三大合併症というものがあります。それが、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害です。

 

糖尿病三大合併症の発症リスク

 

糖尿病三大合併症はいずれも毛細血管障害と呼ばれるもので、罹病後5年以上が経つと生じやすくなります。糖尿病網膜症は罹病期間が長くなると比例して発症しやすくなり、20年を超えると糖尿病患者の80%が糖尿病網膜症となります。症状が重症化すると視力障害となり、最悪の場合失明となってしまいます。

 

糖尿病腎症は罹病後10年くらいで発症してきます。病状が進行すると腎不全となり、血液の透析が必要となってしまいます。透析は週に2回ほど行う必要があり、更に1回にかかる透析の時間や費用、負担は患者にとって大きなものです。

 

糖尿病神経障害は、足や手などの末梢神経の障害と、心臓や血圧などの働きを支える自律神経に障害が起こる病気です。罹病期間が長くなるほど発症のリスクも高まります。症状としては手足のしびれや違和感が多く、症状が進行すると神経が死滅してしまい。これらの症状が弱くなっていきます。

更新履歴